ダ・カーポとフィーネの記号と読み方

ダ・カーポ,フィーネ

今回は、ギターの楽譜に表記される、ダ・カーポとフィーネの読み方・意味についてご紹介します。

楽譜の記号の読み方は、嫌煙されがちですが、ルールを覚えてしまえば、大したことはありません。


スポンサーリンク


また、ダ・カーポ、フィーネはとても簡単なのですぐに覚えられますので、この機会に覚えてしまいましょう。

リピート・マークや、ダル・セーニョ、コーダ、トゥコーダなどは下記のページをご覧ください。

●リピート・マークの記号とギターの楽譜の読み方

●ダル・セーニョ、コーダ、トゥコーダの記号とギターの楽譜の読み方

 

■ダ・カーポ(D.C.)とは?

ダカーポとは、細い縦の二重線と、D.C.という記号で表記された部分で、「最初に戻って演奏を続ける」という意味になります。

つまり、繰り返しの記号になります。

■フィーネ(Fine)とは?

ダカーポなどと一緒に使われ、細い二重線とFineという文字で表記されます。

「ダカーポなどで繰り返した、演奏がここで終わり」を意味します。


スポンサーリンク



フィーネ(Fine)について大切なことは、ダ・カーポ(D.C.)やリピート・マークで演奏が繰り返された時だけです。

そのため、繰り返しの演奏でない場合は、フィーネ(Fine)は無視されます。
演奏順について簡単な例をあげてみます。
ダ・カーポ,フィーネ

この例の演奏順は、はじめにAからFまで順に演奏します。
CとDの間には、フィーネ(Fine)がありますが、まだ「繰り返し」の演奏ではないので無視します。

Fまで演奏すると、はじめてダ・カーポ(D.C.)の記号があるので、
「繰り返しの演奏」となり、Aに戻って演奏を続けます。

そして、A、B、Cと演奏して、フィーネ(Fine)の記号があるので、ここで演奏終了になります。

他の記号については、こちらで解説しています。

●リピート・マークの記号とギターの楽譜の読み方

●ダル・セーニョ、コーダ、トゥコーダの記号とギターの楽譜の読み方




dummy dummy dummy