手が小さい人、コードを上手に押えられない人に知ってほしいこととは?

初心者向けギター講座 第4回

ギター無料講座 第4回 手が小さい人、コードを上手に押えられない人に知ってほしいこととは?

もし、あなたが、手が小さくて指が届かない、指が短い、または太くて上手く弦を押えられない・・・と感じているとしたら、今回の動画は参考になるのではなかいと思います。

スポンサーリンク


目次
1.ギター初心者のためのピックの持ち方
2.手の小さい人のための使い方

ギター初心者のためのピックの持ち方

ギターのピックの持ち方

ピックの持ち方は、親指と人差し指で十字を作って、そこにピックを差し込むように持ちましょう。親指の腹と人差し指の側面がくっ付くような感覚です。

ギター初心者のためのピックの持ち方

指に力を入れ過ぎずに、ピックに遊びを持たせて、少しピックの先がグラグラと動くくらいが、ストロークがしやすいと思います。

ギターのピックの持ち方

動画内で使用している赤い小さな色のピックは、ジャズⅢという速弾きをしやすいピックです。 他にも、おにぎり型やティアドロップ型と、呼ばれるピックがあります。私としましては、初心者には“おにぎり型”のピックが、大きくて持ちやすいためオススメです。

ピックの持ち方はで「ストロークでピックがズレる・・・ピックの正しい持ち方とは?」でも解説しているので、合わせてご覧下さい。

ピックの詳細は、「ピックの種類と選び方 | 初心者はどれを選べばいいの?」にまとめてあります。

手の小さい人のための左手の使い方

まずは、動画内でお伝えしたいことは、指を開くのではなく、手の平を開くという体の使い方の意識を変えることが大切だとうことです。 手のひらに限らず、今後お伝えするコードの押え方やコードチェンジについても同じことが言えます。

スポンサーリンク



各講義でも繰り返しお伝えしていきますが、手首や腕、肩などへの使い方を変えればいいだけです。 ちょっと脱線したので、話を手の平に戻させてください。

では、あなたの手の平を見て下さい。 見た目では、手の平から指が5本伸びていますよね? ですが、指の骨は手の平と指の付け根から伸びているのでなく、手の平の中央の下あたりから指の骨が伸びています。

ギター初心者のための左手の使い方

手の平の骨

動画でも解説しているとおり、バスケットボールを持つような感覚で、指を開くとい感覚よりも、手の平を開くという感覚の方が指が開きやすくなります。 手のひらを開くというイメージはとても大切です。

ギター初心者のための左手の使い方3

アコースティックギターは、もともとアメリカ人の体格に合わせて作られたものなので、私たち日本人の体格よりも大きな人用のサイズになります。

ギター初心者のための左手の使い方2

最近ではミニギターという一回り小さなギターが市販されているので、小さめのギターで試してみるのも1つの方法です。

また、弦の太さによって引きごこちが変わるので、0.12くらいの細い弦を使用したり、ナイロン弦を使ってもいいかも知れません。

今回の講義のまとめ

今回は、指を使うための手のひらに対する意識の向け方についてご紹介しました。 指に限らず、手首や腕、肩など、ヒトの体は少し使い方を変えてあげるだけで、だいぶ違った感覚で使えるようになります。

その理由は、おそらく私たちが普段の生活では、あまり意識していないからだと思います。 普段の生活における意識、感覚のままだと、本来の体の構造と頭の中にある体の動きの感覚がズレているのかもしれません。

ですから、ギターの練習をしてて、指が動かしづらいな、と感じたら手首や腕の動きを見直してみてください。

以上が、第4回目の講義となります。 最後までご覧頂き、ありがとうございました。 次の講義も、ぜひご覧ください。 >> 第5回 ギターは楽しむことが大切!1つのコードの形だけで1曲弾いてみよう




dummy dummy dummy