ピックがズレる時の練習法(追加版)

ピックの持ち方

以前、ストロークでピックがズレてしまう・・・という人のために、ストロークでピックがズレる・・・ピックの正しい持ち方とは?という、記事を書きましたが、

今回は、もう少し掘り下げた内容をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

まずは、ピックの持ち方を再確認

ピックが回転してしまうこと関しては、これもピックを握る部分に問題があると思われます。

弦があたって衝撃を受ける際に回転方向に力が掛からないようにピックの握る強さと、

当たる角度、ピックが弦にあたった際、力がかかる部分を調節してみてください。

ストローク時にピックがどうあたっているか?

この点をもう少し詳しく解説すると、ピックがどのように弦にあたっているかを確認してください。

肘の動きや手首の動きに変な癖がついてしまっていると、ピックが弦を正確に捕らえられません。


スポンサーリンク



ピックが回転してしまうのは、ピックが弦に当たる際に、無意識に斜めに当たるようにストロークしている可能性が高いです。

ピックを握る強さと、弦にピックが当たる角度を腕の振りや手首の向きを調節してみてください。

そのためには、最初のうちは1回1回のストロークをゆっくりと正確に、ピックが回転しないように意識しながら腕の振り、手首の回転、ピックを握る力を確かめながら練習してください。

以下の点をチェックしてみましょう

まとめると、

1.ピックを握る力を調節する
2.ピックが弦に正確に当たるように手首の回転を調節する
3.2と合わせて腕の振りにも注意する

つい、無意識にやってしまいがちになりますが、1回ごとのストロークを意識することが大切です。

今は自分はピックが回転しないストロークの練習をしているんだ、という目的意識を、より明確にして、上記の3点に注意してを練習してみてください。

多少、慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、あせらずにじっくりと練習してみて下さい。


dummy dummy dummy