禁じられた遊びをアルペジオで演奏してみよう3【TAB譜/動画】付き

禁じられた遊びBパート

禁じられた遊びをアルペジオで演奏してみよう3【TAB譜/動画】付き

今回もアルペジオの基本とも言われる、禁じられた遊びをご紹介します。

いよいよ、Bパートに入ります。


Aパートについては、
禁じられた遊びをアルペジオで演奏してみよう1
禁じられた遊びをアルペジオで演奏してみよう2

をご覧ください。

スポンサーリンク

Bパートは、Aパートに比べると難易度が上がりますが、指の動きの基本となるのでじっくり練習して下さい。

禁じられた遊びBパート

まずは、Bパートの1~4小節目を練習してみましょう。

禁じられた遊びBパートの1~4小節目

禁じられた遊びB1-1- 初心者向けギターアルペジオ練習

禁じられた遊びB_01-04

 

Bパートでは小節目から、1フレットと4フレットを押えますが、ポイントは2つです。

スポンサーリンク



1つは人差指の向き、もう一つは裏側の親指の位置です。

人差指が寝てしまわないように、コの字にして、指板に対して指を立てるように押えます。

禁じられた遊びBパート1

バランスよく押えるためには、親指の位置が大切です。中指の裏側になるように押えましょう。

禁じられた遊びBパート2

3、4小節目でも、親指の位置に注意しましょう。

また、人差指のセーハは、全てのげんを押える必要はありません。

 

この場合は、1弦と6弦は弾かないので、4弦と5弦がしっかりと押えられていればOKです。

禁じられた遊びBパート3

禁じられた遊びBパート4

ここは、2弦の5フレットを押えていた指を、4フレットに変えるため、少し薬指をヘッド側へズラしています。

禁じられた遊びBパート5

禁じられた遊びBパート6

 

禁じられた遊びBパートの5~8小節目

禁じられた遊びB1-2- 初心者向けギターアルペジオ練習

禁じられた遊びBパート_5-12小節

5小節目(上記1段目の1小節目)の始めは、7フレットをセーハします。7フレットは2弦と6弦の音がしっかりと出せればOKです。1弦は9フレットを薬指で押さえていますが、1弦と2弦と6弦を押えるような感覚で7フレットをセーハすると綺麗に音が出せると思います。

禁じられた遊びBパート10

禁じられた遊びBパート7

7小節目は1~3弦をセーハするのではなく、中指、薬指、小指の3本を使って押えます。

999で押さえたあと、799の「7」は人差指で1弦の7フレットを押えるためです。

禁じられた遊びBパート8

8小節めの「999」は1~3弦を人差指でセーハすると、1弦の11フレット、9小節目の始めの1弦の12フレットが押えやすくなります。

禁じられた遊びBパート9

 

続きは、禁じられた遊びをアルペジオで演奏してみよう4をご覧ください。



 


dummy dummy dummy