ドレミがわからない人の練習法とは?

フレットのポジション

ギターをはじめたばかりの人やこれからギターをはじめたいという人から、「ドレミすらわからりません」とご相談されることがあります。

ギターを弾けるようになるためには、まずはコードを覚えることが大切です。

基本となるコードを6つ(CDEFGA)くらい押えられれば、
多くの曲が演奏できるようになります。


スポンサーリンク


ドレミの位置などは知らなくてもギターは弾けるようになります。

ですが「どうしても、知りたいです」という人のために、
今回は、ギターにおけるドレミの位置と、ドレミファソラシドの練習方法をご紹介します。

 

フレットとポジションの位置関係

ギターでは、AやC、Fなどのアルファベットを使用します。

ドレミファソラシ は順に、CDEFGAB で表されます。

まずは、下の図をご覧ください。

下側が6弦(一番太い弦)上側が1弦(一番細い弦)を表しています。

ギターのTAB譜と呼ばれる楽譜や、コード表など
特に表記がなければ基本的には6弦を一番下に表記します。

一番左のアルファベットを見て頂くと
6弦から順にEADGBEと並んでいます。

フレットのポジション

これは開放弦(指で押えない)を鳴らした時の音になります。

アルファベットが書かれていない部分は
ドレミファソラシから半音下がったり上がったりするの音なので
ここではあえて表記していません。

このアルファベットをドレミファソラシドで表記したものが以下の図になります。
フレット上のドレミファソラシド

ギターフレットのどこにドレミファソラシはあるのか?

下の4つの画像をご覧ください。

フレット上のドレミファソラシド

フレット上のドレミファソラシドフレット上のドレミファソラシド2

フレット上のドレミファソラシド3

フレット上のドレミファソラシド4

色々な所にドレミファソラシドがありますよね。

 

ギターでドレミを弾いてみよう!

では、実際にドレミファソラシドを弾いてみましょう。

まずは、この画像の配置にあるドレミファソラシで練習してみましょう。

6弦から1弦に向かって弾いていきます。

ギターの音の高さについは、おさらいをしておきますと太い弦の方が低い音が、細い弦の方が高い音がでます。


スポンサーリンク



また、1フレットの方が低い音が出て、6フレット、12フレットと
ギターのボディに近づくほど高い音がでます。

ピッキングは、オルタネイトピッキングで行います。
詳細は「オルタネイトピッキングとは?」をご覧ください。

以下の画像では、5弦の3フレットにある「ド」から順に弾いていきます。

ドレミファソラシド Ex-1

フレット上のドレミファソラシド

ドレミを弾いてみよう1 初心者向けギター練習

 

ドレミファソラシド Ex-2

フレット上のドレミファソラシドフレット上のドレミファソラシド2

ドレミを弾いてみよう2- 初心者向けギター練習

 

ドレミファソラシド Ex-3

フレット上のドレミファソラシド3

ドレミを弾いてみよう3-1- 初心者向けギター練習

ドレミを弾いてみよう3-2- 初心者向けギター練習

ドレミを弾いてみよう3-3- 初心者向けギター練習

ドレミを弾いてみよう3(オルタネイトピッキング)- 初心者向けギター練習

 

ドレミファソラシド Ex-4

フレット上のドレミファソラシド4

ドレミを弾いてみよう4-1- 初心者向けギター練習

 

指のトレーニングについては、以下の記事もあわせてお読み頂くと、より上達が速くなります。

指が動かない人のギタートレーニング法とは?

指が動かない人必見!指を怪我した人でも上達できるギターの練習法とは?

指が動かない人にやって欲しい運指トレーニング。最小限の力で弦を押える練習法とは?




dummy dummy dummy